プロダクト及びサービスを作成、販売、提供する

デジタル時代に見合ったスピードで作成、販売、提供をするためのカタログドリブンソフトウェア

主なトピック

仮想およびハイブリッドサービス

NFVとSDNは、通信サービスプロバイダー(CSP)にCAPEXとOPEXのコストを削減し、DevOpsアプローチによるサービス速度とイノベーションを向上させる能力を約束します。 NFVとSDNの可能性を最大限に発揮させるためにも、CSPは従来システムの介入を最小限に抑えた状態で、効率的かつ自動的にサービスを迅速に作成、販売、提供できるアジャイル環境を必要としています。Sigma Systemsは、CSPのためのサービスの開発、オファー、見積り、オーダーおよびその提供までのプロセスを自動化する、カタログドリブン(業界標準ベース)のソリューションをご提供します。Sigmaのソリューションは、レガシーネットワーク上の伝統的なサービスの世界を、NFV / SDNの仮想化された機能と結びつけ、BSSとOSSの両方の運用を自動化するのに役立ちます。

詳細はこちら。

プロダクトライフサイクル管理(PLM)

多くのCSPは、新時代デジタルサービスをサポートするため、自社新規プロダクト(サービス)を新しいプラットホーム上に導入しようと試みていますが、多くの場合ここで極めて重要となる「プロダクトカタログ」についてのカオスに陥りがちです。もし現在、少しでもプロダクトカタログにかかわる無秩序が見受けられる場合、おそらくはカタログシステムとそのプロセスがいわゆるプロダクトライフサイクル管理(PLM)のベストプラクティスに基づいていないからと思われます。 PLMは、人やプロジェクト、ワークフロー、テクノロジ、データを組み合わせて、戦略的なアプローチで企業全体とそのライフサイクルにわたるプロダクトの開発と管理を行います。 Sigmaカタログでは、PLMのベストプラクティスをビジネスに適用することによりプロダクトデータと検証ルールを管理し、プロダクトの設計、構築、起動などのライフサイクルマネージメントのコントロールを確実にします。 弊社SigmaカタログのPLMベストプラクティスを組み込むことで、CSPのビジネスはカタログのカオスから決別することができます。

詳細はこちら。

Internet of Things(IoT)

IoTのイノベーションは現在、デジタルエコシステムを再定義し、人々が使用するデバイスというものをどのようにとらえ関連させるのかという問題を根本から揺り動かしています。 IoTサービスを提供するために、CSPはプロダクト中心のカタログドリブンの視点への概念的な移行を受け入れ、これを強化するためのシステムとプロセスを実装する必要があります。そうすることで、CSPは顧客の背後にある通信インフラに集中するのではなく、顧客を喜ばせるためのIoTプロダクトの作成と提供に集中して投資することができます。Sigmaのソリューションは、CSPにレガシーシステムを引きずることなしにIoTプロダクトやサービスを作成、販売、提供することを可能にします。また、 IoT対応のネットワークやプラットホームへの統合オーケストレーションにより、プロダクトの迅速な構成、カタログドリブンのオムニチャネル販売そして確実なサービス提供が可能になります。シグマのIoTソリューションは、あらゆるタイプのIoTパートナーモデルとIoTデバイスをコンフィギュレーションのみでサポートすることができ、従来のCSPプロダクトやサービスと同じアーキテクチャで取り扱うことができます。

詳細はこちら。

デジタルプロダクトの作成、販売および提供に特化したBest of breedパッケージ

Sigma Catalog

SIGMA CATALOG

を使ったサービスの開発
Sigma Catalogは、ライフサイクルの状況にかかわらず、すべてのサービスを簡単に開発・管理できます。 「Single point of truth」を確立することで、プロダクト、サービス、リソースのポートフォリオを集中管理することができます。
Sigma CPQ

SIGMA CPQ

を使ったサービスの販売
Sigma CPQ (Configure Price Quote) は、通信サービスプロバイダ向けに特別に設計されたソリューションです。 カスタマイズされたリアルタイムの見積もりと検証によって購入サイクルを加速します。
Order Management

SIGMA ORDER MANAGEMENT

を使ったサービスの提供
集中管理されたプロダクト、サービス、リソースのカタログとの統合を目的として設計されたSigma Order Managementは、新規プロダクトの市場投入までの時間を大幅に短縮し、オーダー抜け・オーダー未完了などのオーダーに関するミスを防ぎます。
Sigma Provisioning

SIGMA PROVISIONING

を使ったサービスのアクティベート
Sigma Provisioningはネットワークに直接会話し、リアルタイムにそして自動的にサービスをアクティブにします。 あらゆる複雑なマルチサービスバンドルのオーダーを管理、追跡、提供するように設計されています。

SIGMA INSIGHTS

評価し、行動する
Sigma Insightsは貴重なBSS/OSSデータを使用して、それをリアルタイムに分析・評価・可視化し、それをアクションにつなげて、プロダクトやサービスに関する顧客経験の改善に役立てます。
Sigma Insights

オムニチャネルの推進

すべての販売チャンネルで全く同じ内容を伝えられていますか?

シグマのカタログ駆動型アプローチは、サービスプロバイダーが新しいデジタル製品を作成、販売、提供する方法を改善します。 すべての製品、サービス、リソースのデータが集中管理されているため、アジリティ(俊敏性)が決め手となります。

サービス開発

• プロダクトをすばやくローンチできていますか?
• 「Single point of truth」ができていますか?
• システム統合コストが急上昇していませんか?

サービス販売

• 一度にすべての販売チャンネルでサービス開始ができていますか?
• 販売機会を失っていませんか?
• 間違ったオーダーを受注することはありませんか?

サービス提供

• オーダーミスによる収益損失がありませんか?
• 手作業による介入が多すぎませんか?
• 自動化による障害に困っていませんか?

弊社のソリューションをすぐにでもお試し下さい